fxdreamgate.jpg

2012年10月12日

大河ヒロイン・綾瀬はるかの“特異な魅力” 内藤P「人を安心させる雰囲気がある」

お早うございます!今日はどんなニュースが入ってるかな。

毎日の新鮮な話題を知る事は楽しいですね。

今日お知らせする話題で何かを得てください。

さあ!これが今日のニュースです。

テレビ番組に関連して、大河ヒロイン・綾瀬はるかの“特異な魅力” 内藤P「人を安心させる雰囲気がある」について調べてみました。



(これが今日の話題)

大河ヒロイン・綾瀬はるかの“特異な魅力” 内藤P「人を安心させる雰囲気がある」
オリコン 10月12日(金)5時0分配信

NHK大河ドラマ『八重の桜』で主演を務める綾瀬はるか (C)ORICON DD inc.

来年のNHK大河ドラマ『八重の桜』(毎週日曜 後8:00 NHK総合 ※1月6日スタート)の出演者発表会見が11日、東京・渋谷のNHKで行われた。エグゼクティブ・プロデューサーの内藤愼介氏は、会見後に主人公・新島八重演じる綾瀬はるかの“特異”な魅力を明かした。

【写真】綾瀬の“お相手”新島襄役に起用されたオダギリジョーら新キャスト

内藤氏は、“座長”の綾瀬が「ああいう雰囲気なので、(周りも)明るい人が多い」と現場の様子を語り、「綾瀬さんを中心に、周囲が自然にまとまっていってます」と一体感のよさを強調。その理由の一つとして、綾瀬に「この子のために何かしてあげたいと思わせる、人を安心させる雰囲気がある」といい、周りが彼女を支えようと自然に一体感が生まれていると分析した。

八重の再婚相手・新島襄を演じるオダギリジョーも、綾瀬の印象について「テレビで拝見していてかわいらしいなと思っていました。うちに遊びに来たことがあって、それだけでファンになりました」と明かし、「まだあまり話したことがないので、仲良くなっていきたい」と早くも魅了されていた。

また、内藤氏は今作でオダギリと役柄の新島が“ジョー”つながりであることについて、「名前は偶然です。本人は『え?』って言っていました」と狙いではないとし、起用理由を「オダギリさん自身がアメリカに行っていた人だし、独特の雰囲気や空気感の違う人というところ」と説明した。

【関連記事】

綾瀬はるか、来年の大河『八重の桜』クランクイン「一歩一歩、大事に」 (12年09月13日)
綾瀬はるか、“天然キャラ”封印し大河への思い熱弁(11年06月23日)
NHK大河『八重の桜』プロデューサー「視聴率に合格点はない」 (12年05月31日)
【第2弾】反町隆史、11年ぶり大河出演 幕府・朝廷・新政府側の人物14人発表
【第1弾】“最初の夫”長谷川博己、“心の師”西島秀俊ほか 剛力、妊婦メイサら主要キャスト発表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121011-00000316-oric-ent


(今日の話題は、ここまで)



今日の話は役立ちましたか?

さぁ、がんばりましょう。
では!




posted by kengood at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。