fxdreamgate.jpg

2012年10月18日

<尼崎連続変死>「1遺体、高松の民家に」関係者証言

今日も、明るい話題があるといいですね。

世の中の変化はニュースで知るのが一番です。

今日のニュースから役立つ何かがあるかも。

それでは今日選んだニュースを見てみましょう。

ヘッドラインをとりあげます。



(これが今日の話題)

<尼崎連続変死>「1遺体、高松の民家に」関係者証言
毎日新聞 10月18日(木)2時31分配信

遺体の捜索の続く民家=兵庫県尼崎市梶ケ島で、本社ヘリから小関勉撮影

兵庫県尼崎市の民家で3人の遺体が見つかり、多数の行方不明者が出ている事件で、「1人の遺体は高松市の民家の敷地に埋められている」との証言があることが、捜査関係者への取材で分かった。この民家は、昨年11月のドラム缶詰め遺体事件で傷害致死罪などで起訴された角田(すみだ)美代子被告(64)とトラブルになって離散した家族が住んでいた。現在は無関係の人が生活しており、県警尼崎東署捜査本部は状況が整い次第、家宅捜索する方針。

【難解な事件の構図をわかりやすく】尼崎連続変死事件を巡る相関図

捜査関係者によると、美代子被告の関係者が具体的に証言した。関係者は、尼崎市の民家で見つかった遺体のほかに、「3人が殺害された」と証言しており、うち1人が高松市の民家の敷地に埋められているという。

この民家は、遺体が見つかった尼崎市の民家に住んでいた女性(87)の長女の嫁ぎ先。遺体の身元については、この女性か、美代子被告の自宅マンションの元所有者の母親、またはその弟の可能性があるという。

高松市の民家に住んでいた長女夫婦と娘2人は、美代子被告の関係者が居座るなどした後、離散した。娘の1人は美代子被告の息子の妻の角田瑠衣被告(27)=女性の年金の窃盗罪で起訴。もう1人は行方不明だ。登記簿などによると、家族の離散後、家は無人になり、04年12月に競売が決まった。06年に無関係の人が購入した。

殺害されたとされる他の1人は、関係者が「岡山県の瀬戸内海に遺棄された」と証言している。【山川淳平、鈴木理之】

【関連記事】

【尼崎連続変死】「一家分断され地獄」高松で美代子被告
【尼崎連続変死】借金強要し暴行…美代子被告、病死女性に
<「事件ではないので動けない」>尼崎連続変死 男女不明の直後、警察相談応じず
<周りを奴隷のように服従させていた>近所とトラブル繰り返していた角田被告
<「香川・岡山にも遺棄」>美代子被告宅の保証人らも不明

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121018-00000009-mai-soci


(今日の話題は、ここまで)



今日の話は、いかがだったでしょうか?

ひきつづき、よろしく。
では、このへんで。




posted by kengood at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。