fxdreamgate.jpg

2012年11月13日

海守れ…「尖閣マグロ」商標登録、ブランド化

こんにちは!今日も、明るい話題でいきたいですね。

これで世界の傾向が見えます。

今日選んだニュースが貴方のお役に立てれば幸いです。

これが今日のピックアップニュースです。

海守れ…「尖閣マグロ」商標登録、ブランド化について調査。経済ニュースも重要ですよね。



(これが今日の話題)

海守れ…「尖閣マグロ」商標登録、ブランド化
読売新聞 11月9日(金)20時34分配信

尖閣諸島沖で水揚げされたメバチマグロ。尾に近いところに黄色い札で日本の国旗と「尖閣諸島沖」という文字が記されている=東京都提供

沖縄県の尖閣諸島沖で取れた魚を商標登録してブランド化する動きが広がりつつある。

地元・石垣市の八重山漁協などが高値での流通と漁業の活性化などを目指して始めたもので、東京・築地市場ではすでに一部の地元漁師が出荷した魚に<尖閣諸島沖>などと記された札がつけられ、競りにかけられている。

八重山漁協は、石垣市から「魚介類ブランド化事業」の補助金を受け、8月、尖閣諸島沖で取れたマグロに<尖閣マグロ>の商標を登録した。今後はオリジナルのシールなどを作り、魚につけて全国に売り出していく予定だ。

マグロ1キロの相場は1000〜1500円だが、石垣市水産課は「プラス1000円で流通できれば、漁業をする人が増えるのではないか」と期待を寄せる。同漁協によると、尖閣諸島沖ではマグロやハマダイなどの高級魚が取れるが、組合員約300人のうち同諸島沖で漁をしているのは数人程度。石垣島から同諸島まで片道約170キロの距離を往復すると燃料代がかかり採算が合わないためだ。

一方、石垣島の漁師(45)は4月に尖閣諸島沖でとれた魚を販売する会社「尖閣」を設立し、同漁協に先駆けて「尖閣」の商標でハマダイなどを出荷している。「日本の海を守りたい」という気持ちもある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121109-00000805-yom-bus_all


(今日の話題は、ここまで)



今日のニュースを有意義に生かせそうですか?

また暇な時に遊びに来てください。
いつでも歓迎します。
きっと来てくださいね!
では今日のところは、このへんで。




posted by kengood at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。